会のご紹介


結成の趣旨

市民の市長をつくる会(略称・市民の会)は1978年、飛鳥田市長が社会党委員長に就任するため、市長を任期途中で突然辞任したことにより行われた市長選に、政党の都合で左右されることなく市民の市長をつくろうという運動の中でつくられた会です。

当時、市民の会を母体に医師の朝倉了候補が立候補し、41.6%の得票を得て善戦。以後,市民本位の市政,市民が主人公の市政をめざして活動を続けている団体です。

主な活動

市民の会は、年間を通じて市民本位の市政実現にむけて様々な活動を、多くの団体とともに行っています。
市政ウオッチング、市政を変える市民の集い、市民自治研集会等市政を少しでもよくするために多くの団体と協力し、頑張っています。

市民本位の市政を実現するための最大の取り組みは4年に1度行われる市長選挙です。市民の会は一貫して市民生活無視、大規模開発優先の市政に反対し,市民本位の市政実現を目指して、多くの市民団体、女性団体、労組、政党などが結集し、候補者を擁立して頑張ってきました。

主な役員、事務所連絡先

■事務局長 菅野 隆雄(すがの たかお)

■事務所 神奈川県横浜市中区桜木町3-9 横浜地区労内

■電話・ファックス 045−650-1896