- 市民の市長をつくる会 - http://www.y-simin.jp -

「横浜カジノ反対・山下ふ頭を市民の憩いの場に」シンポジウムを開催しました


カジノ実施法案が国会審議される重要な時期に「横浜カジノ反対・山下ふ頭を市民の憩いの場に」とシンポジウムを6月9日開催しました。

CIMG2058

神奈川県弁護士会の松岡弁護士は「実施法案はカジノ依存症を抑制することにならない」「反社会的勢力の影響も排除できない」「貸付を認める」など「カジノ事業者のやりたい放題だ」と実施法案の問題点を述べました。

横浜市会議員の共産党古谷議員は「昨年の市長選挙から林市長は白紙との態度を表明していたが、今度の中期計画ではIRについて、検討すると記述している」と林市長の姿勢を批判しました。

続いて、鳥畑教授から「世界のカジノとりわけアジアのカジノ事業は衰退している状況で、カジノ業者は日本に目をつけている。カジノがなくても観光業などはMICE事業で十分やつていける」と述べ「観光振興にカジノはいらないと」強調されました。

カジノ誘致反対横浜連絡会は、林市長にカジノ誘致を断念させるまで活動を進めます。